独特の世界観が魅力な『ハウルの動く城』の原作

ハウルの動く城は2004年に公開された宮崎駿監督によるジブリ映画です。原作はイギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」で、宮崎駿監督のジブリ映画のなかでは「魔女の宅急便」以来15年ぶりの他原作者による作品となりました。ヴェネツィア国際映画祭でオゼッラ賞、ニューヨーク映画評論家協会最優秀アニメーション賞を受賞し、英エンパイア誌の史上最高の映画500選にも選出されるなど日本だけでなく海外でも高く評価されています。帽子屋の少女ソフィーは兵隊に絡まれていたところを魔法使いのハウルに助けられ、そのためハウルを追っていた荒れ地の魔女に目を付けられてしまいます。ハウルは若い娘の心臓を狙うと恐れられていましたが、ソフィーは彼に対して恋心を抱きます。荒れ地の魔女によって90歳の老婆に姿を変えられたソフィーは帽子屋を離れハウルの動く城が徘徊しているといわれる荒れ地に向かいます。ソフィーは草むらでカカシを助け、カカシからの恩返しでハウルの動く城へと招き入れられます。城の暖炉には火の悪魔カルシファーがいて彼女にかけられた呪いを見抜きますが、呪いを解く方法を教えてくれません。カルシファーは以前ハウルとある契約を結んだせいで暖炉に縛り付けられ、自由になるためソフィーに契約の秘密を見破って欲しいと頼みます。ソフィーとカルシファーのあいだにも秘密を見破ることができたら彼女にかけられた呪いを解くという契約が成立し、彼女は掃除婦として城に住むことを決意します。

原作との違い

ジブリ映画「ハウルの動く城」は、2004年11月20日に公開された長編アニメーション映画です。イギリスの作家のダイアナ・ウィン・ジョーンズ...  気になる続きはここから ⇒

Copyright(c) 2016   声優がとても豪華な『ハウルの動く城』   All Rights Reserved.