18歳から90歳になったソフィー・ハッター

ジブリ映画「ハウルの動く城」は、2004年11月20日に公開された長編アニメーション映画です。イギリスの作家のダイアナ・ウィン・ジョーンズが書いた「魔法使いハウルと火の悪魔」が原作です。主人公は、父親が残した帽子屋で働く18歳の少女ソフィー・ハッターで、ソフィーは、魔女の呪いで90歳の老婆にされてしまいます。家を出たソフィーは荒地でカカシを助け、そのカカシがお礼に宿泊宿としてハウルの動く城を連れてくるのです。ソフィーはハウルの城に、掃除婦として住むことになります。魔法使いの美青年ハウルは、若い娘の心臓を食べるという噂があり恐れられていましたが、ソフィーはハウルに対して恋愛感情を抱くようになります。この映画の監督と脚本は、宮崎駿が担当しています。第61回ヴェネツィア国際映画祭でオゼッラ賞、翌年のニューヨーク映画批評家協会最優秀アニメーション賞を受賞し、第33回アニー賞長編映画部門作品賞、第78回アカデミー賞にもノミネートされました。声優にはソフィー役に倍賞千恵子、ハウル役に木村拓哉を起用し、他にも美輪明宏、神木隆之介、大泉洋らが声の出演をしています。

Copyright(c) 2016   声優がとても豪華な『ハウルの動く城』   All Rights Reserved.